ページの先頭です

税金クイズ
ホーム > 税金クイズトップ > 所得税 > 所得税:がん保険の保険金と確定申告

所得税:がん保険の保険金と確定申告

2020年2月10日

会社勤務のAさんは、昨年がんを患ったため、加入していたがん保険の給付金として、100万円を受け取っています。実際にかかった医療費は70万円でした。Aさんは確定申告は必要でしょうか。なお、Aさんは会社からの給与以外に収入はありません。

①30万円の利益について、確定申告が必要
②70万円の医療費について、医療費控除を受けるために確定申告が必要
③申告する必要はない

クリックして答えを見る!

【正解】③

がん保険の給付金は、所得税法上非課税とされているため、今回のケースのように実際にかかった医療費よりも多く給付金を受け取ったとしても、所得税が課税されることはありません。一方で、医療費控除の対象となる医療費については、保険などで補填される分は差し引いた部分が対象となります。今回のケースでは、医療費が70万円に対し、給付金が100万円であるため、医療費控除の対象となる医療費はありません。

>新着クイズ一覧に戻る

出題者:サン

ページの先頭へ