ページの先頭です

税金クイズ
ホーム > 税金クイズトップ > 所得税 > 所得税:年末調整と確定申告

所得税:年末調整と確定申告

2018年10月22日

サラリーマンの年末調整と確定申告の手続きに関する次の選択肢のうち、誤っているものはどれでしょうか。

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える場合には、年末調整の対象とならない
②従たる給与収入が20万円を超える場合には、確定申告をしなければならない
③20万円を超える不動産の賃貸収入がある場合には、確定申告をしなければならない

クリックして答えを見る!

【正解】③

不動産所得が20万円を超える場合には確定申告をする必要があります。不動産所得は、不動産の賃貸収入などからその収入を得るためにかかった必要経費などを差し引いて計算します。そのため、不動産の賃貸収入が20万円を超えていても、必要経費などを差し引いて不動産所得が20万円以下となれば、確定申告をする必要はありません。

>新着クイズ一覧に戻る

出題者:ユー

ページの先頭へ