ページの先頭です

税金クイズ
ホーム > 税金クイズトップ > 所得税 > 所得税:住宅借入金等特別控除

所得税:住宅借入金等特別控除

2017年12月4日

2年目以降の住宅ローン控除に関する次の記述のうち、正しいものはどれでしょうか。

①合計所得金額が2,000万円である年は住宅ローン控除の適用を受けることはできない
②転勤などにより家屋を居住の用に供しなくなる場合には、その居住の用に供しなくなる日までに一定の届出をしていないと、住宅ローン控除の再適用を受けることはできない
③住宅ローン控除の適用を受け始めてから1年経過すれば、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例も併用して適用を受けることができる

クリックして答えを見る!

【正解】②

住宅ローン控除の適用を受けていた人が転勤等のやむを得ない理由によってその家屋を居住の用に供しなくなったあと、再び居住の用に供した場合に住宅ローン控除の再適用を受けるには、その居住の用に供しなくなった日までに一定の届出が必要です。

>新着クイズ一覧に戻る

出題者:ユー

ページの先頭へ