ページの先頭です

税金クイズ
ホーム > 税金クイズトップ > 消費税 > 消費税:納税義務

消費税:納税義務

2018年5月1日

3月を決算月としているA社は、平成29年4月から平成29年9月までの課税売上高と給与等支払額の両方が1,000万円を超えました。A社の消費税の納税義務に関する次の選択肢のうち、正しいものはどれでしょうか。

①平成30年3月期は納税義務がある
②平成31年3月期は納税義務があるが、平成32年3月期は納税義務がない
③平成31年3月期と平成32年3月期は納税義務がある

クリックして答えを見る!

【正解】③

その事業年度の前半6カ月間の課税売上高と給与等支払額の両方が1,000万円を超えた場合には、その2年後の事業年度だけでなく、翌事業年度から消費税の納税義務が生じることになります。

>新着クイズ一覧に戻る

出題者:ユー

ページの先頭へ