ページの先頭です

税金クイズ
ホーム > 税金クイズトップ > 住民税 > 住民税:給料に対する住民税

住民税:給料に対する住民税

2018年7月9日

給料に対する住民税に関する次の選択肢のうち、誤っているものはどれでしょうか。

①退職する際には、未徴収分について納付書を会社から預かって自分で納める
②新年度分の徴収は6月に支払う給料から開始する
③年末調整などの結果をもとに市区町村が計算している

クリックして答えを見る!

【正解】①

退職をする際には、会社に手続きをしてもらい、最後の給料から一括で徴収する方法、市区町村から納付書を発行してもらって自分で納める方法、次の勤務先の給料から引き続き徴収していく方法のうち、いずれかにより納めることになります。

>新着クイズ一覧に戻る

出題者:ユー

ページの先頭へ