ページの先頭です

メールマガジン
ホーム > メルマガトップ > 償却資産の申告と決算

償却資産の申告と決算

2020年9月14日発行

◆◇◆須田会計事務所メールマガジン №898 2020.9.14発行◆◇◆

 □□税務豆知識□□
<償却資産の申告と決算>
 事業者は、毎年1月31日までに、その年の1月1日時点において保有している償却資産の状況を、その資産のある市区町村に申告をしなければなりません。この申告を受けて、各市区町村が償却資産に対する固定資産税を計算して事業者に納税額などを通知します。
 中小企業が取得価額10万円以上20万円未満の償却資産を取得した場合、次のいずれかの方法によって経理することが一般的です。
①その取得価額の全額を事業の用に供した期の損金とする方法(中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例)
②一括償却資産として取り扱い、その資産の取得価額の3分の1に相当する金額をその事業の用に供した期以後3年間の各年分において損金とする方法
 いずれの方法によっても損金となる総額に変わりはありませんが、①の経理をした資産は償却資産の申告の対象となり、②の経理をした資産は償却資産の申告の対象とならないという違いがあります。
 上記の経理方法は決算において確定するため、償却資産の申告をした後に変わることもあります。その場合には、当初申告をした市区町村に対して修正申告を行う必要があります。修正申告の方法や既に納付をしてしまった固定資産税の還付方法などは市区町村によって異なっているようですので、問い合わせをした上で手続きを行うようにしましょう。
 
 □□税金クイズ□□  
[問題]
 次のうち、償却資産に対する固定資産税の課税対象となる資産はどちらでしょうか。
①中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例を適用した資産
②一括償却資産として取り扱うこととした資産
 
 正解は一番下へ!↓↓↓ 
 
 □□プロテイン□□
 運動しようがしてなかろうがプロテインを飲むと脂肪が減るという夢のような話を聞き、ここ2ヶ月間毎日プロテインを飲んでいます。
 プロテインと聞くと以前はボディービルダーの方向けのトレーニング用飲物というイメージが強かったのですが、最近ではフィットネスブームも相まってSAVASなどのプロテイン飲料がコンビニエンスストアでも手軽に購入できるようになり、持ち運べる美味しい飲物へと変化してきました。
 プロテインとは日本語でタンパク質のことです。人は歩いたり走ったりするのと同様に、食事を摂る行為自体にもエネルギーを必要とします。タンパク質を消化吸収するために必要なエネルギーは、糖類や脂質よりも多く、プロテインによってタンパク質を多く摂ることは効率の良いエネルギー消費に繋がるそうです。
 また、プロテインを飲むことで食欲が抑えられる効果もあります。タンパク質は炭水化物等よりも満腹感が得られやすいため食べ過ぎを抑えられます。ダイエット中は食事量を減らしてカロリーを抑えようとしがちですが、この方法だとタンパク質が不足し栄養不足の状態になり筋肉は増えず脂肪を溜め込もうとします。これを防ぐためにも就寝1時間前くらいにカロリーが低く必要な栄養素の入っているプロテインを飲むとダイエット効果が高いそうです。外出をためらう生活が長く続いていますが、プロテインを飲んで何とか余計な脂肪を減らしたいと思います。
 
 □□税金クイズの解答□□
[正解]①
 ①の経理をした資産は償却資産の申告の対象となりますが、②の経理をした資産は償却資産の申告の対象となりません。
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
☆今週号の編集責任者は 安田洋平 & 松井千佳子 でした。
☆須田会計事務所のホームページも是非ご覧下さい。URLは
 http://www.suda.gr.jp です。
☆アドレスの変更や配信中止については下記のリンクよりご一報お願いします。

http://www.sudatax.net/contact/

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ページの先頭へ